さて、帰路に就く前に…せっかく海のそばに来たんだから、ちょっとだけ寄り道したい。
ってなことで、高速に乗る前に海のそばまで車で行きます。


赤い橋

満ち潮で水面が渦を巻きながら、流れて行きます。
わたしが立っている所の後ろ側はおうちがいっぱい建っています。
面積的には狭いところなので、ちょうどわたしの田舎の小浜町の富津地区のような狭いながら段々になっていて
昔ながらの猟師町と言った感じのところで、とても雰囲気があります。
残念ながら釣り禁止とあちこちに書いてあって、
でも、下を見るとワカメなどの海藻がユラユラといっぱい。
その間をまだまだちっちゃな魚たちが泳ぎ回っています。
ベラだけは確認できますが、あとは何だろう???

こんな所に居ると時間が経つのさえ忘れてしまうぐらい、ゆったりとした時間が流れて行きます。


わたし達はあの赤い橋を渡って行きますが、ちょうど頂上あたりが休憩所になっていて、
以前来た時も、野良犬が2匹居たのを思い出しました。
あの時は、あまりにもかわいそうで、お店まで車で20分ぐらいでしょうか?
ちくわやフランクフルトなどを急いで買い求め戻ったのですが、2匹のワンちゃんは見当たりませんでした。
それでも、竹の筒のままのちくわは食べ辛いだろうと、竹筒は外して、その場に置いて帰りました。

そして、忙しさの中、そのワンちゃんのことなど忘れていましたが、
ここへ来て、そのワンちゃんのことを思い出し、またまた寄り道しました。

そうしたら、やっぱり

休憩所のワン

いました!!
この子だったかよく覚えていませんが、
あっち向いてるけど、わたしが動くとある程度の距離をおいて付いて来ます。
たぶん、この子だと思う。
残念ながらへとへとで、お店まで走る元気はなかったけど、
やせ細ってもいず、なんとなく安心しました。
もう1匹のワンちゃんはいませんが、この子に聞いても犬の言葉などわかるはずも無く
次に来る時は、必ず犬缶をバッグに忍ばせて来ようと、心の中で誓いました。

「ごめんね!ワンちゃん。何も無いんだよ」と後ろ髪を引かれる思いで帰路に…。

サービスエリアの観覧車

帰りのサービスエリアの観覧車が暗くなって来た夜空にとてもきれいに映えます。


そして、そこから見えた明石大橋の全景。

明石大橋・全景

わたしはずーーっと、明石から淡路島ってあんなに近いのだから橋を通せばいいのに…と思っていました。
それば叶った明石大橋。

淡路島の方はうれしかったでしょうね~~

バタバタの四国行き。
今回は観光とかではなかったので、なんとなくドライブって感じでしたが、
少しでも、のんびりまったり出来たことに感謝

明日から、また仕事が始まります。


気が向いたらポチッとして下さるとうれしいです^^


にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 雑貨ブログ ガーデニング雑貨へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

四国へ…(番外編)

あれから一年

comment iconコメント ( -2 )

おひさぁ~~

四国行ってきたん?
のんびりできたんかな?

淡路島は近くなのに橋を超えて海のそばの道路を走ると、ず~~っと遠くまで旅行に来た気分になれるし、花がいっぱいで美しい島なので大好きです。
釣りに来たりワンコ連れでコテージに泊まったり、昔は会社の保養所もあったので家族で何回もこの橋わたってます。

四国は相方が会社員のころ転勤で丸亀に2年ほど住んでいました。
そのころはフェリーしかなかったけど橋がつながって便利になったねぇ。

↓ワンコもニャンコも飼う人には責任を持ってほしいですね。
命あるんだから。
ボランティアでお世話されてる方には頭下がります。

名前: hiroro [Edit] 2012-06-27 20:03

hiroroさん

ホント、お久しぶり(笑)

えーーっ!!
丸亀に2年もいらっしゃったんですね。
四国もおいしいものが多いでしょう?

そうそう。
バラもお好きなhiroroさんだから、愛媛の相原バラ園さんはご存知でしょうか?
春苗(新苗)でも、あっと言う間に大きくなる、素晴らしい苗を販売していらっしゃるところです。
届いた苗の入っている箱を開けるだけで、葉っぱのいい薫り。
苗は芸術的と言っても過言でない程、素晴らしいです。
別に相原バラ園さんの回し者ではありませんよ~^^;
知ってらしたら、ごめんなさい。


猫ちゃんの保護の件は、わたしはずっと細く長く、小さな事しか出来ないけど、関わって行きたいと思っています。

浦和キャッツさんのお友達のKAZUさんは昨夏、突然の病に倒れ急逝されました。
あれだけ小さな命を助けて来たのに、神さまは無情だな…と恨みました。

KAZUさん亡き後、とうぶつ基金からどうぶつからの感謝状が届きましたが、故人には贈られない感謝状は協議の結果、KAZUさんを支持して来た彼女を取り巻く人たちにエールの意味も込めて贈られたものでした。


わたしも非力ながらも、少しずつでも発信して行きたいと思っています。

なんだか語ってしまいましたが、より優しい日本の国になって行くといいですよね~^^

名前: まい [Edit] 2012-06-27 23:42

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。