わたしは小さな頃から動物に囲まれて育ちました。
動物と言っても血統書付きの子ではなく
拾った仔犬とか、ニワトリとか、スズメとか。
ん?
まともなのは犬だけじゃーないの!!(爆)

そして大人になって、初めて猫を家族に迎えました。
その子は知り合いの方から譲り受けた子で、とても面白い、いわゆる天然?系の子だったので名前をふぁにーと命名。
チンチラシルバーの彼は、それはそれはかわいい子でした。
まだまだ、動物に対して無知だったわたしは、ペット=ペットショツプで購入 としか思っていませんでした。

そして、ふぁにーがお空の子になって、もう10年以上過ぎた頃にわたしはあるブログに出会いました。
そのブログ主の方は猫の保護活動をされていて、やはり、ブログも猫ちゃんのことばかり。
わたしは初めて知ることばかりの動物の世界でした。
そこへコメントを残されていた、KAZUさんのURLをたどり、初めて彼女のブログへも訪れました。
彼女も猫の保護活動をされていて、しかも育児などの大変な仔猫の保護活動を中心にされている方でした。
そんな彼女がちょうど去年の今頃、友達が保護した子が亡くなって、彼女は自分を責めて、何て声掛けていいのかわからないと言うような内容でした。

そう。
その時亡くなったはっちくんの命日が今日でした。
あ。もう昨日ですね。

浦和キャッツのMさんの文体は独特で、会ったこともないニャンちゃんたちの性格までわかるような、思わずニカッと笑ってしまうようなブログです。
でも、わたしとは比べようもないくらいニャンちゃん達への愛情がいっぱい。

えーっと、えーっと、例のごとく長々と何が言いたいの?ってことですが…(~_~;)
わたしはお花も愛せるように小さな命にも関心を持つて欲しいと思っています。
人間の勝手で振り回される命。

Mさんが仰るように、望まない命なら避妊を!
どうして生まれて来た命を処分して…と言えるのですか?

はっちくんの命日に寄せて、ぜひ、皆さんに浦和キャッツMさんのブログをご紹介したいと思った次第です^^

Mさんのブログをご覧になり、何かを感じて頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト

四国へ…2

四国へ…

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 1 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

trackback avater

2012-06-28 06:17