おはようございます。


コメント頂いているのに、先に更新をごめんなさい。

ノブコさんとお会いした興奮は冷めやらないのですが、
私がノブコさんご夫婦に惚れてしまったのは、お人柄もさることながら、
ご苦労があったのに乗り越え前向きに、
それが当たり前のようにサラリとやってのけて人生を歩んで来られたこと。

回りの方にも勇気や希望を与えるような生き方を、
本当にご苦労の微塵も見せず、今の生活を確立されたこと。

でも、きっとそれは並大抵のご努力ではなかったと思います。
サラリと言われる言葉の裏には、きっと何にも負けない精神力と努力が必要だったでしょう。
そんな心境になるまでは、たくさんの時間が必要だったかもしれません。
それでも立ち直られて、お二人の今があります。

サラリとやってのけて、、と言うには語弊がありますが、
そこまでお二人が努力された証だと思うのです。

そんなお二人だからこそ暖かく優しいのだと思います。

生きていく過程では本当にいろんなことがあって、
幸せな事ばかりではないかもしれませんが、その人の事を思う誰かがきっと側に居る。

急がなくてもいい

私も辛い時、ある方に「三歩進んで二歩下がってもいい。一歩進んで二歩下がってもいい」って言われたことで、何だか心のオモリがすーーっと取れた気がしました。



そうだよね。
きっと、それでいいんだと思う。




++++++++++++

ノブコさんのビオラを少しずつご紹介♪


フリルの完全八重咲き
八重のバランスもすごくいいですよね。


2015040822475009b.jpg


黒と交配の赤紫
陰影が何とも言えない、大人のパープル♪


20150408224750593.jpg


こちらは焼けが入った抱え咲き♪
小さなビオラサイズで、今でもこれだけ焼けが入っているから寒い時はもっとすごいのかな?


2015040822475055f.jpg



ノブコさんのニュアンスカラーは女性ならではの大人色♪

20150408224750645.jpg


反転でも今年は細い花びらが多い気がします。
この子は咲き進むと、淡くピンクパープルに染まって行きます。


201504100825242ea.jpg


こちらは前回の後頭部ナナメ上から撮った子の開きかけのお花かな?
とにかく、ノブコさんのこの手の子は色の複雑さ変化がすごいです。


20150408224750d1c.jpg


++++++++++++++++


ショップへはこちらから♪


*** Chii's garden ***




ブログランキングに参加してみました♪








スポンサーサイト

やっとお天気持ちましたねヽ( ̄▽ ̄)ノ

お会いして来ました(*´∀`)♪

comment iconコメント ( -2 )

有り難うございます

こんばんは☆
今夜はそれなりに早い時間です(笑)

連日のコメントすみません・・どうしてもお礼を言いたくて・・

コメントのお返事いただいて熱いものが込み上げてきました。
見ず知らずの私の事を真っ先に思い出してくれたなんて
本当に有り難うございます。

私もそんな素晴らしい所是非行ってみたいです。
いつか遠出が出来る日が来ると信じて、今はその様な素晴らしい方が
作って下さった大切なお花を育てて自然を感じたいと思います。

ビオラ今から楽しみにしていますね(#^.^#)


そして今日読ませていただいたブログはとっても考えさせられました

育種家の方の周りの人達に勇気と希望を与える様な生き方
それには並大抵な努力や時間が必要だった事と思います
でもそんな生き方をしなければいけないんだなって・・・
読ませていただいて痛切にそう感じました

何かハッと気付かせてもらったようなそんな気持ちです

今日もとっても素敵なビオラの画像にすごく癒されました♪

名前: ピンクフラワー [Edit] 2015-04-11 22:49

ピンクフラワーさん

こんばんは~(*^^*)

コメントありがとうございます。

実は私も辛い時があって、そんな時に色々お声掛け下さったのはブログのお友達でした。
リアル友には言えない弱音も、いっぱい吐きました。
「誰か助けて!」という思いは絶え間なく溢れて来て、哀しみに押し潰されそうでした。

何か暗いサイトばかり見てました。
でも、「一行でもいいからブログを更新して」とブロ友さんから言われてその言葉に押されて少しずつ更新しました。

初めての方にも励ましのコメント頂いて、そんな人にたくさん力を頂きました。

コメントは無くても拍手ポチがしてあったり、世の中がみんな幸せで私は一人ぼっちと暗く沈みがちな心に「私は一人じゃない」と思わせるような暖かいポチでした。


ピンクフラワーさんの哀しみに比べたら、いえ、哀しみは比べるものではないけれど、
一人じゃないんだよって伝えたかった。


離れていても心に寄り添ってくれる人がいます。
私も小さなエールですけど、送り続けたいと思います(*^^*)





名前: まい [Edit] 2015-04-12 23:17

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。